今週のぶどうの木メッセージ

 
 

「齊藤諒の生きる力」本日発売!!
2017/9/1 ブログより

 
本日、「齊藤諒の生きる力 四肢麻痺と人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと」が、全国書店にて発売されます!!amazonでもお買い求めできます!
 


 
運命を変えて、天命を生きる!
16歳という若さで四肢麻痺となった著者が綴る、渾身のノンフィクション。
「死んだましだ!だからといって自分で死ぬこともできない・・・・・・この前まで、大好きな野球に明け暮れていた自分が、こんな身体になるなんて!」
絶望の淵から救ってくれた「聖書」の教え。
苦しみの中で希望を得た著者が今、この時代を生きる人たちにもっとも伝えたいことを書く。


著者の齊藤諒兄弟からです。

待ちに待っていたこの日がいよいよ来ました。

イエス様は僕にとって新たな一歩を与えてくれました。

マタイによる福音書5章14節~16節
あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

聖書は真っ暗だった僕の心に光を与えてくれました。

今度は僕が聖書の光を伝え広げていきます。

イエス様、文芸社の皆さん、ぶどうの木の神の家族たちに、感謝です。ありがとうございました。

これからも感謝し福音していきます。

全ての栄光をイエス様に帰して。

アーメン。


ぶどうの木10年目最後の日という素晴らしいタイミングで、イエス様はこの本を出版させて下さいました。
読者の皆さんに「生きる力」を与える一冊です!!
ぜひ、ご一読ください。

イザヤ12:3~6
あなたがたは喜びをもって、救の井戸から水をくむ。その日、あなたがたは言う、「主に感謝せよ。そのみ名を呼べ。そのみわざをもろもろの民の中につたえよ。そのみ名をあがむべきことを語りつげよ。主をほめうたえ。主はそのみわざを、みごとになし遂げられたから。これを全地に宣べ伝えよ。シオンに住む者よ、声をあげて、喜びうたえ。イスラエルの聖者はあなたがたのうちで大いなる者だから」。

アーメン!
 
 
 
 

自分の心をみことばで守れ!
2022/9/26ブログより

 
 
holygirlです。
 
クリスチャンは、霊によって歩く生き物です。霊の食物は聖書のみことばです。聖書は神の霊感によって書かれた書物ですから、聖書のみことばは頭で読むのではなく、霊で受けてはじめてその意味を理解することができます。さらに、クリスチャンは霊によって善悪の判断をし、霊によって神の思いを知り、福音をし、霊的な戦いに勝利することができます。しかし、人間には、肉(魂・体)というものがついています。救われてクリスチャンになったからと言って、肉がなくなるわけではありません。肉は霊に相反し、私たちがサタンの支配下に置かれ、教育・環境などによって培ってきた価値観や考え方=肉をそのまま持ち続けているなら、クリスチャンとしての自分の霊を攻撃してくるのです。
だからこそ今週は、救われクリスチャンになったのであれば、魂・心を、霊に蓄えたみことばによって変え、守らなければならないと語られました。クリスチャンは心の決めたまま、自分の意思に従って生きてはなりません。常に神が何を思っておられるかをみことばから悟り、意見と感情から生まれる意思を、みことばに従う志し(意志)に変えて、行いに移さなければなりません。
 
以前、50年間クリスチャンホームで生まれ育ったクリスチャンが、「一つだけ分からないみことば(マタイ7:21~23)があるから、その意味を教えてほしい」とぶどうの木牧師に尋ねてきました。それは私たちが確かにそうだと語られて霊で受け、こうならないように生きなければならないと思っていたみことばでした。
 
マタイ7:21~23
わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。
 
アーメン。
天国に入れるのは、天の父である神のみ旨を行なう者だけ・・・50年間クリスチャンであっても、信じてバプテスマを受けたら救われる、救われたら天国に行けるのだと学んできたら、理解できませんし、父の御旨を行なって生きることに意志を向けることなどありません。ぶどうの木牧師は、母教会の自身の牧師から、「救われて終わりなら、こんなに分厚い聖書はいらないでしょ!」と言われてきたため、私たちに対しても、聖書を通してやっていい事と悪い事は何かを判断し、神のみ旨を知って生きることの大切さを説いてきて下さいました。ですから、私たちは、神・イエス様とは、みことばを行ないに移す忠実さは褒めて下さる方であっても、何でも許して下さるお優しい方ではないのだと学び、それを体得してきました。イエス様が天に帰られる前に命じられたように、クリスチャンとして全世界に出て行って全てのつくられたものに福音宣教するためには、この世のものと姦淫したり、この世と妥協して流されることないように日々神の戒めを守り行なわなければなりません。それができていなければ、神・イエス様は愛のムチで正し、悔い改めにふさわしい実を結びなさいとおっしゃいます。預言をしたり、悪霊を追い出したり、しるしと奇跡が起こっていたら、神に良しとされているのではないのだと解った時、そもそも悪霊の追い出しをしない教会、証が伴っていない教会は、すでに除外されているのだと神を畏れました。【狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。】(マタイ7:13~14)と書かれてあるように、本当に天国行きの門は狭いのだと語られました。
 
改めて私たちは、霊と魂の通路が開通しても、慣れ親しんできた魂・心が自身の霊をふさいでいないかと問われました。イエス様を救い主として自分の内に受け入れ、霊がよみがえったあと、肉(魂・体)がこの世と姦淫していけば、霊は再び活動を停止して死んでしまいます。“これぐらいいいじゃん!1回だけなら大丈夫!”という軽い気持ちで行なったことが、取り返しのつかない事になり、イエス様からいっきに離されてしまう事に繋がるのが霊の世界です。
先週語られた通り、サタンは神に愛され光輝いている私たちクリスチャンが憎く妬ましいため、自分から門を開く者に対しては速やかにその心に侵入して、“毎週日曜日に聖書を学ぶのは疲れる”、“あれは宗教だった”と思わせて”羊をヤギにします。許せない相手への恨みを倍増させて、無条件の愛とゆるしの教えに強い反発心を生ませます。周りの人や環境が放つ悪霊力によって、どんどん神の力と愛を見失い、救われる前より7倍悪い状態にさせて、滅ぼすのがサタンの策略です。その時には、イエス様を迫害する者に同調して、神を裏切る者となっているでしょう。
 
ヨハネ7:1~13
そののち、イエスはガリラヤを巡回しておられた。ユダヤ人たちが自分を殺そうとしていたので、ユダヤを巡回しようとはされなかった。時に、ユダヤ人の仮庵の祭が近づいていた。そこで、イエスの兄弟たちがイエスに言った、「あなたがしておられるわざを弟子たちにも見せるために、ここを去りユダヤに行ってはいかがです。自分を公けにあらわそうと思っている人で、隠れて仕事をするものはありません。あなたがこれらのことをするからには、自分をはっきりと世にあらわしなさい」。こう言ったのは、兄弟たちもイエスを信じていなかったからである。そこでイエスは彼らに言われた、「わたしの時はまだきていない。しかし、あなたがたの時はいつも備わっている。世はあなたがたを憎み得ないが、わたしを憎んでいる。わたしが世のおこないの悪いことを、あかししているからである。あなたがたこそ祭に行きなさい。わたしはこの祭には行かない。わたしの時はまだ満ちていないから」。彼らにこう言って、イエスはガリラヤにとどまっておられた。
しかし、兄弟たちが祭に行ったあとで、イエスも人目にたたぬように、ひそかに行かれた。ユダヤ人らは祭の時に、「あの人はどこにいるのか」と言って、イエスを捜していた。群衆の中に、イエスについていろいろとうわさが立った。ある人々は、「あれはよい人だ」と言い、他の人々は、「いや、あれは群衆を惑わしている」と言った。しかし、ユダヤ人らを恐れて、イエスのことを公然と口にする者はいなかった。
 
そうならないために、しっかりとサタンが侵入してくる門は閉じ、霊と魂の通路を開通させて、みことばが魂の領域に到達している者になっていなければならないのだと語られました。そもそも霊とはどこにあるのか、口語訳聖書にははっきりと書かれています。
 
【だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう。】(ヨハネ7:37)
 
アーメン。
イエス様の声は耳から聞こえたり、頭の中で必死に考えて出るものではなく、腹から小さく静かに聞こえてきます。ですから、静まって自分の腹のところにおられるイエス様の声に耳を傾けるのです。しかし、他の聖書では、霊の場所が「腹」ではありません。新改訳聖書では、【人の心の奥底から】、プロテスタントとカトリックが共同でつくった共同訳聖書では、【人の内から】と書かれています。これでは、魂と霊が混同してしまい、自分がやろうとすることが、肉の思いなのか、霊の思いなのか分からなくなってしまいます。曖昧な訳に、聖書のつくり手も、霊・魂・体の教えを理解していないことが分かります。霊の場所がどこであるのかをはっきりさせることは、とても重要なことであると改めて語られました。
 
イエス様の声とは、みことばです。霊にみことばを蓄えているからこそ、霊からみことばが臨み、イエス様との歩みを確かなものとしていくことができます。幼い時からたくさん会話をしてきた親子であれば、子は親がどんな考えを持っているかが分かり、親も子が何を考えているか知っているように、クリスチャンも救われたばかりの幼子の時から、イエス様の声=みことばを聞いているなら、イエス様・天の父の御旨を知ることができるのです。
 
ヨハネ7:16~18
そこでイエスは彼らに答えて言われた、「わたしの教はわたし自身の教ではなく、わたしをつかわされたかた(神・天の父)の教である。神のみこころを行おうと思う者であれば、だれでも、わたしの語っているこの教が神からのものか、それとも、わたし自身から出たものか、わかるであろう。自分から出たことを語る者は、自分の栄光を求めるが、自分をつかわされたかたの栄光を求める者は真実であって、その人の内には偽りがない。
 
アーメン。
 
また、霊に蓄えられたみことばをしっかりと魂に連動させている人は、物事の考え方、感じ方が、救われる前の自分とは180度変わっていきます。
この世では、他人の言動によって心の病になる人は多いです。少し注意されただけで逆切れしたり、「パワハラ」だと思い、うつ病になって学校や会社に来れなくなってしまう人が増えていますが、そのような人から相手を訴えたいと相談を受けている弁護士の話では、相手に対して法的責任を負わせること、損害賠償請求することは難しいそうです。病んだ心を回復させるのには時間がかかります。すぐに切れるのは、鉄分不足であるという研究結果も出ているようですが、食事の改善よりも、今は医師の治療を受けて薬を飲むのが当たり前になり、結局、薬漬けにされて余計に悪化するケースも多いです。また、心の病は、その人の体調を損ねるだけではなく、人間関係を悪化させ、解雇や離婚に至り、犯罪や自殺の原因にもなっていきます。この世では、そんな心の病を予防するために、明るく前向きに考える習慣を身に付けたらよい、スポーツや音楽など気分転換できる健全な趣味を持ったらよい、円満な家族関係を築いたらよいなどと言いますが、それらを実行するのは容易なことではなく、むしろそれができていれば、心の病にはならずにすんだでしょう。
私たちは、心の状態が体にあらわれると学んできましたが、そもそも心の状態は、霊からみことばが常に沸き起こっているかどうかで違います。相手に魂・心が傷つくようなことを言われても、霊からみことが沸き起こる人は、「サタンが相手を使っているな。聖書に誰も裁いてはならない、血肉の戦いをしてはならないと書かれてある!だから、私は裁かない!怒らない!いつも喜んでいなさいと聖書に書かれてあるから、悲しまない!落ち込まない!私は神の子だ!サタンよ、退け!」と、みことばを宣言して、相手を使ってくるサタンと戦うことができます。この世の快楽や、趣味で自分の心をなぐさめたり、気分転換しなくても、みことばと賛美歌、牧師や兄弟姉妹との霊の交わりによって、心も体も回復させることができます。
つまり、自分の心を守るためには、交わりに気をつけ、常に腹から生ける水=みことばが川となって流れ出ていなければならないという事です。箴言4章23節に、【油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。】と書かれてありますが、「油断」とは「油を絶やすな、聖霊を断つな」という意味があります。悪い交わりは、聖霊の動きを止めてしまいます。聖霊に満たされていたら、腹から生ける水が川となって流れ出し、それが心に達した時には、この世の中で生きて行く希望、勇気、また、御霊の実である【愛、喜び、平和(平安)、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制】が命の泉のように流れ出てみなぎっていくのだと語られました。
 
ヨハネ7:37~39
祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。これは、イエスを信じる人々が受けようとしている御霊をさして言われたのである。すなわち、イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊がまだ下っていなかったのである。
 
第2テモテ1:6~7
こういうわけで、あなたに注意したい。わたしの按手によって内にいただいた神の賜物を、再び燃えたたせなさい。というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。
 
ヨハネ14:27
わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。
 
アーメン。
 
そして、私たちが最近東洋医学を通して学んだことは、食べ物が乱れると心も体も乱れるという事です。先に書いたキレやすい人やうつ病になる人が多いのも、食品添加物や糖分のとりすぎが原因であると解明されています。また、偏食は、霊的にみことばの好き嫌いにも繋がり、「このみことばは自分の魂に心地よくて好きだが、このみことばは厳しいから受け入れられない」というように、自分の感情に合わせてみことばを行なうか行わないか決めてしまうクリスチャンになってしまいます。偏食もわがままの一つであり、神が与えてくださったものに対していちいち自分の意見を言っているわけですから、主にあって何でも感謝して食べれる者へと正されなければならないと語られました。
また、心が乱れると言葉も乱れ、相手の話を聞くことなく、いかに汚い言葉で相手をののしり脅し、黙らせて自分の主張をその場に響き渡らせるかしか考えないようになります。そのような人にクリスチャンがなってはなりませんし、そのような人が目の前に置かれた時には、相手の心がここまでの人生の中でどんな状態にあるのかイエス様に聞き、自分自身はとことん冷静に愛を示して、相手が落ち着き平安を得れるように語っていくことが大切であると語られました。母親が子どもに「静かにしろ!黙れ!うざい」と汚い言葉で叱っている?光景もよく目にするようになった世の中ですが、それだけ生活にゆとりがなくて心が乱れている人が多いという事も分かります。30年間初任給が上がらず、物価高で生活が困窮し、母親も子供を預けて働きに行かなければならない社会の在り方、お金を必要としている国民にはお金が支給されず、海外や反対の多い国葬に多額のお金を使うこの国の政治の在り方が、どんどん国民の心を病ませていっているのです。
 
箴言4:20~27
わが子よ、わたしの言葉に心をとめ、わたしの語ることに耳を傾けよ。それを、あなたの目から離さず、あなたの心のうちに守れ。それは、これを得る者の命であり、またその全身を健やかにするからである。油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。曲った言葉をあなたから捨てさり、よこしまな談話をあなたから遠ざけよ。あなたの目は、まっすぐに正面を見、あなたのまぶたはあなたの前を、まっすぐに見よ。あなたの足の道に気をつけよ、そうすれば、あなたのすべての道は安全である。右にも左にも迷い出てはならない、あなたの足を悪から離れさせよ。
 
アーメン。
よろずの物よりも偽る心をどう守っていくのか・・・悪を忌み嫌い、イエス様、聖霊様の導きに従うことです。自分のやり方で霊をおさえつけてはなりません。クリスチャンの中では、「霊をリフレッシュする」という言葉が使われ、霊をリフレッシュするために祈祷院に行くのだそうですが、そんな事をする必要があるのか?と思います。霊が圧迫されていたり、汚れていると思うのであれば、神の御前にへりくだって悔い改めることです。「イエス様、ここから全てが新しくなったことに感謝して、みことばを行なっていきます!」と宣言して立ち上がることで、霊は完全に復活するのだと語られました。
また、相手の心が悪霊に侵入されて汚されてしまっているなら、肉でがんばって何とかしようとするのではなく、望みはイエス・キリストであると信じ、まずはいつも喜んでいることです。イエス様が救った人なら、その人の内におられるイエス様に望みがあります。長々みことばを語っても聞く耳がないなら、端的に一言、霊に刺さるみことばを落としてあげる方が効果的です。相手を罪に定めたら、神の子である霊に目を向けることができなくなりますから、いつも新しい気持ちで向き合うことが必要であるとも語られました。
 
 
この地上で生きている限り、心を騒がせる事は尽きません。怒り、不安、恐れ、悲しみに支配されそうになっては、悪霊と戦い、自分の心を御霊の実の思いで満たして、守る毎日です。先日私たちが住む静岡県浜松市は、台風が来る前から、気象兵器による攻撃と思われる大雨となり、各地で冠水が起き、被害を受けた家や地域もありました。全国的にも、この数週間で何度台風が来たことか・・・完全に狙われているとしか思えません。日本人弱体化計画は着実に進み、1500種類もの添加物を体内に入れられ、コロナワクチンで死亡している人は日に日に増えています。しかし、隠蔽され続け、真実が明らかになることはありません。エリザベス女王の国葬が終わり、明日は安倍元首相の国葬ですが、統一教会との関係もますます明るみになり、国葬反対の世論の声が全く受け入れられないまま強行突破する内閣です。日本の闇は深く、明治維新はフリーメイソンに操られた長州藩と薩摩藩が起こしたクーデターであり、そこからイギリス支配が始まったこと、第2次世界大戦以降は実質ずっとアメリカの支配下にあったことが明らかになっています。歴代首相をたどれば、長州・山口出身の人ばかり・・・安倍元首相も山口出身です。そこに絡む統一教会と、公明党・創価学会。日本の政治は、アメリカに支配され、国会議員は新興宗教に支援されてきた人によって成り立っていたという事が暴かれているのが今です。「なんだこの国は!」「いい加減にしろ!」「本当のことを言え!」と言いたくなることばかりの世の中では、今や皆が平常心ではないでしょう。岸田首相が今、「衆議院解散」と言えば、野党は準備不足で選挙に候補者を立てれない状況です。何としてでも自民党が政権をとることを阻止しなければなりませんが、また自民党になれば、そのまま緊急事態条項が通り、政府に反する者は皆逮捕されてしまう法律が通ってしまいます。
 
その中で、私たちの希望はイエス・キリストです。イエス様をカシラに、世界中でサタンの悪事を暴き、これ以上好き勝手にできないように働いている信仰の友がいることも希望です。ようやく日本の国会議員も党を越えて一つになり、5歳~10歳の子どもに対するワクチンの努力義務、接種推奨の撤回、生後6か月以上4歳以下へのワクチン接種見送り、ワクチン副反応の追跡調査ができるフォローアップ体制の構築を提言する提言書を羽生田俊厚生労働副大臣に提出したことも、この国が変わっていく一つの希望です。参政党の神谷氏は、「専門家の意見で」と言った副大臣に、「リスクを訴える専門家もいらっしゃるので、マスコミに働きかけ、双方の意見を国民が聞ける場をつくってほしい」と要望したそうです。
エリザベス女王の死、安倍元首相の国葬は、ディープステートの終焉を意味するのか・・・9月24日には、金融システムが金本位制へと移行され、一部の支配者層、国際金融資本家たちが自由にお金を刷れない世の中に変わったという話も聞きますが、それが明らかになっていく10月を迎えることになるのでしょうか。日本を支配してきたイギリス、アメリカが、自国の問題で精一杯になっている今こそ、日本が変わるチャンス!選びの民がこの国でしっかりと立ち上がっていけるように、まずは私たち一人一人が自身の霊と心と体を守り、何が起きるか分からない激動の1週間を走り抜けることができたことを感謝して祈ります!
 
ヨハネ7:24
うわべで人をさばかないで、正しいさばきをするがよい。
 
第2テモテ1:13~14
あなたは、キリスト・イエスに対する信仰と愛とをもって、わたしから聞いた健全な言葉を模範にしなさい。そして、あなたにゆだねられている尊いものを、わたしたちの内に宿っている聖霊によって守りなさい。
 
ヨハネ7:28~29
あなたがたは、わたしを知っており、また、わたしがどこからきたかも知っている。しかし、わたしは自分からきたのではない。わたしをつかわされたかたは真実であるが、あなたがたは、そのかたを知らない。わたしは、そのかたを知っている。わたしはそのかたのもとからきた者で、そのかたがわたしをつかわされたのである。
 
第1テサロ5:14~24
兄弟たちよ。あなたがたにお勧めする。怠惰な者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互に、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。御霊を消してはいけない。預言を軽んじてはならない。すべてのものを識別して、良いものを守り、あらゆる種類の悪から遠ざかりなさい。
どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。
 
アーメン。