今週のぶどうの木メッセージ

 
 

「齊藤諒の生きる力」本日発売!!
2017/9/1 ブログより

 
本日、「齊藤諒の生きる力 四肢麻痺と人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと」が、全国書店にて発売されます!!amazonでもお買い求めできます!
 


 
運命を変えて、天命を生きる!
16歳という若さで四肢麻痺となった著者が綴る、渾身のノンフィクション。
「死んだましだ!だからといって自分で死ぬこともできない・・・・・・この前まで、大好きな野球に明け暮れていた自分が、こんな身体になるなんて!」
絶望の淵から救ってくれた「聖書」の教え。
苦しみの中で希望を得た著者が今、この時代を生きる人たちにもっとも伝えたいことを書く。


著者の齊藤諒兄弟からです。

待ちに待っていたこの日がいよいよ来ました。

イエス様は僕にとって新たな一歩を与えてくれました。

マタイによる福音書5章14節~16節
あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

聖書は真っ暗だった僕の心に光を与えてくれました。

今度は僕が聖書の光を伝え広げていきます。

イエス様、文芸社の皆さん、ぶどうの木の神の家族たちに、感謝です。ありがとうございました。

これからも感謝し福音していきます。

全ての栄光をイエス様に帰して。

アーメン。


ぶどうの木10年目最後の日という素晴らしいタイミングで、イエス様はこの本を出版させて下さいました。
読者の皆さんに「生きる力」を与える一冊です!!
ぜひ、ご一読ください。

イザヤ12:3~6
あなたがたは喜びをもって、救の井戸から水をくむ。その日、あなたがたは言う、「主に感謝せよ。そのみ名を呼べ。そのみわざをもろもろの民の中につたえよ。そのみ名をあがむべきことを語りつげよ。主をほめうたえ。主はそのみわざを、みごとになし遂げられたから。これを全地に宣べ伝えよ。シオンに住む者よ、声をあげて、喜びうたえ。イスラエルの聖者はあなたがたのうちで大いなる者だから」。

アーメン!
 
 
 
 

奴隷からの解放!
2022/6/27ブログより

 
 
holygirlです。
 
アメリカで中絶権利を覆す判断がされました。オバマ政権時代に、臨月(出産予定の月)を迎えた母体であっても中絶が許されることになり、母胎から赤ちゃんに針を刺して命を絶つ行為は、人殺しと同じであると、新たな“命”に目を向ける人々は言いました。特にクリスチャン達は、神が命を授けたという事に変わりはないのだから、産んでまず命を守ることが大切だと主張しました。アメリカでは養子縁組制度も充実しているため、育てられないのであれば、子どもを望む夫婦のもとで育ててもらう道もあります。強姦されてできた子どもは、自分の誕生の事実を知った時に、荒れるかもしれませんが、クリスチャンとして神に愛されていることを知れば無条件の赦しに至り、自分は生かされたこと、自分の父は天の父、母は産みの母と育ての母がいることに感謝して立ち上がれるでしょう。しかし、女性の“権利”を主張する人々は、どこまでも中絶できることを求め、中絶は絶対にダメだという今回の最高裁の判断に抗議デモを起こしています。「中絶するかどうかは、妊娠している女性が決める権利を持っている」「中絶に反対する人がまだ多いのは、人の知性が原始的である証拠だ」と主張しています。夫婦であっても、妻が夫の承諾なしに中絶したり、若いカップルが性欲に負けてできてしまった子どもを中絶する世の中ですが、そもそも、性の乱れによって“命”が軽んじられる世の中がおかしいのであり、中絶に至らない教育、DVや不倫は悪霊によって生じるものであることを皆が学ぶことが、この中絶問題の真の解決に至るのだと語られました。
今回、民主党政権下で中絶は絶対にダメ、中絶手術を行なった医者には死刑を提案する州も出てきたことは、オバマ氏やバイデン大統領率いる民主党、グローバリスト達の敗北を意味し、やはりバイデン氏は使われているだけでトランプ氏がバックにいるのだと思えてなりません。アメリカの中絶問題は、日本でいう憲法9条にあたる問題だそうです。それぐらい大きな問題を覆す力が動いているという事に、やみは光に勝たないのだと更なる確信を得ました。
 
そんな中で、今週の集会では、グローバリスト、グローバリズム、グローバル化の奴隷になってはならない、そもそもどういう考えをもった人たちなのか牧師が分かりやすく霊的に解説して下さいました。
簡単に言えば、神に対して高ぶり、神に反逆する考えをもった人たちです。彼らは、表向きは教会の礼拝に参加して神への信仰があるように見せていますが、実際は無神論者=自分が神、神より自分の方が上だと思っています。任期を終える直前にオバマ氏は、全州で同性婚を認めましたが、中絶、LGBT容認、同性婚は人間に性別を与えて誕生させた神、命の秩序を保たれている神を恐れないからこそできる事です。トランプ政権(共和党政権)で撤回したものの、不正選挙でトランプからバイデン政権になったら、今度は女子のスポーツに心が女性だという男性が参加できるようになり、混乱を招いています。バビロン文明を築いたニコデモ同様、一部の人間をカシラに一つになる、世界統一政府を目指しているのが彼らであり、サタンの声を聞いて人類を、この地球を、最も大切にすべき家族・家庭の在り方を破壊しようとしているのです。
そんな民主党に対抗しているのが、トランプ氏がいる共和党であり、国を建国したキリスト教精神を大切に、聖書を土台とした神対人間のあるべき姿、自分を、自国を大事に尊重すること=ナショナリズム(国家主義)を掲げています。「アメリカファ―スト」」という言葉の真意は、各国がまず自分の国を大切にすることで、自分の国の事は自分の国で解決し、発展していくことで、その相互作用によって世界がより良くなるという事です。グローバリスト達は、人間は完璧だと主張していますが、トランプ氏のバックにいるクリスチャン達は、人間はもともと欠けており、神だけが完璧であると主張しています。人間の無力さを認め、神をカシラとした国づくりをもう一度目指そうとしていたのがトランプ氏です。
 
日本はと言うと、アメリカの民主党(ブルーステイトとも言われる)寄りで、民主党政権の真似ばかりしてきました。日本でも、同性愛者・同性婚のために自治体が様々な改正を行なっていますが、実際当事者からはほとんど声は上がっておらず、勝手に社会がグローバリズムの流れをつくっているだけだそうです。
グローバル化を掲げる民主党政権が生んだものを分かりやすく教えている「ブラックアウト」という本が、今、全米でベストセラーになっているそうです。そこには、黒人は、白人民主党の奴隷になっていると書かれています。保護政策という麻薬によって、お金をくれる民主党が神になり、黒人家庭の7割がシングルマザーとなり、生活支援を国から受けているそうです。稼ぎの悪い男性と結婚するよりも、一人でいた方が生活が安定し保障されるという考えが、家庭崩壊に繋がり、長年奴隷解放を求めながらも、新たな奴隷制度にどっぷりと浸かっているのです。
日本も、生活保護や難病手当、障害者手当などが充実しており、それを受けて暮らす方が得する世の中です。ぶどうの木に導かれた姉妹は、障害者手帳を2冊持っていましたが、イエス様によって癒されたので、手帳を返すと役所に言いに行きました。しかし、役所は「返すのですか!?手帳を持ってるだけで、お金をもらえますよ」と言ったそうです。彼らもそういう人がいなくなれば、仕事がなくなるわけですから、持ちつ持たれつの関係が生まれているのだと分かりました。姉妹は、きっぱり断り、障害者というレッテルから解放されて、立派な主の兵卒になっています。
また、子どもを保育園に預ける母親に対する支援政策ばかり強調されていますが、家で自分で育てる決断をした母親には何の支援もありません。女性が保育園に子どもを預けて働くことが当たり前になっている世の中、働かなくても保育園に預けた方が得になる世の中になっていますが、これも家庭崩壊に繋がる国の政策の一つなのです。
さらに、老人や難病患者には薬が出されますが、治癒する薬ではなく、対処薬にすぎません。医者は病人が元気になってしまったら、仕事がなくなるからです。病人がいてこそ、収入を得れるのが医者であり、製薬会社です。参政党がよく演説で、「食を変えろ!小麦粉を使った食品やお菓子を食べ続けたら癌になる!」と言っていますが、日本人が戦前の食生活に戻せば癌はなくなり、皆が健康になり、9割の医者は失業するのだそうです。食生活を変えることなく、薬やサプリメントで自分の健康を保とうとする考え方こそ、捨てなければならない高ぶった知識であり、自滅する道なのです。
 
アメリカの民主化がくずれたのは、1960年代にヒッピーが増えた時からだそうです。彼らはセックス、ドラック、ロックを愛し、その中で同性愛が生まれていき、中絶する事態が増えていきました。この霊力によってアメリカは変わっていったのです。
インディアンしかいなかった地をアメージンググレイスを歌いながら開拓した建国精神を忘れ、神を無視して自分が神となり、何でもありの国になり、ついに不正選挙でなった大統領が表向きには立っています。明らかに不正選挙であったことを証明する映画が国内で波紋を呼び、テキサス州は偽大統領には従えないと独立を宣言、アリゾナ州もそれに続く事態になっているそうです。
そんなアメリカの実質植民地になってきた日本・日本人も、コロナパンデミックや参政党の出現をきっかけに「この国はおかしい!マスコミは真実を伝えていない!ワクチン、マスク着用はおかしい!」と覚醒して立ち上がりました。他国では民主化を勝ち取るために、激しいデモを起こした歴史がある中、日本だけは一度もなかったわけですが、今回はじめて勢いをもって日本国民も自分たちの自由を勝ち取ろうとしています!
 
「自由」の反対語は「不自由」でしょうか?「自由」の反対は「恐れ」であると、仙台の参政党候補者であるローレンス綾子さん(牧師)が街頭演説でおっしゃっていました。本当にその通りで、人目を気にする日本人特有の「恐れ」が、自分自身を国の奴隷にしていくのだと語られました。こんな猛暑の中、マスクをするのは危険であり、そもそも取ったり外したりして不衛生、マスクに予防効果はないと分かっていても、マスクを外していたら何か言われる・・・揉めたくない・・・という考えが先立って、結局は皆が互いの様子を伺って、暑さで顔を赤くしながら、この夏もマスクを着けているのです。熱中症で倒れて救急車を待っている間もマスクを着けている学校もあり・・・2年前だったらあり得なかったこと!愚かだと思いませんか?
参政党の赤尾由美さんが、「マスクをしなくていい世の中はいつ来ますか?」と言っているうちは、永遠にマスクをつけたまま。政府がいきなり「今日から外していいですよ!」とは言わない。そう思うならまずあなたが外しなさい!紙に書いてあるお願い、機械的なアナウンスでマスクをお願いされているだけなら、私たちには自由を訴える権利がある!なぜそんなものに従わなければならないのか!?と演説していましたが、改めてマスクを外すかどうかは自分の意思です。政府から強制されているわけではありません。「おかしいと思うなら、あなたがファーストペンギンとなって、一番に社会を変えるためにマスクを外して飛び込んでみなさい」と牧師を通しても語られました。実際外していても誰も何も言ってこない・・・これもまた日本人の悪いところで、やはり争いごとを避けて見て見ぬふりです。
 
先週私たちは、神に滅ぼされたバビロン文明について学び、今の時代のバビロン、ディープステート(グローバリスト)たちも絶対に滅ぼされるのだと語られました。そして、私たちが福音宣教に向かう心とその働きを見て、神が動いて下さる事も語られました。それを受けて、先週は、ぶどうの木の執事が東京・仙台に福音宣教に行かれ、参政党の皆さんや幸福実現党の及川氏に諒兄弟の書籍や絵本「一つになろうよ!」を届けることができました。人は皆光に来ると書かれてある通り、滞在中に飢え渇いた人たちが交わりを求めて来られ、執事に油が注がれ、必要の一切を伝えることができたのです!
まさに先週は、アメリカでの動き、執事の働きを通して、神が動いて下さった1週間であったと喜び感謝しました。
 
こうしてその福音の光、このみことばの光は、未だかつてそれを聞いたことのなかった人々の耳にとどまるようになる。それは超自然の大いなる光だ。このわたし自身なのだ。
 
私たちが肉では一歩も行けず、弱くなった時、「答えがない」と思った時、それは絶望ではなく、最大の希望、神の御業を見れるのだと、改めて握りしめてきた預言を通しても語られました。
 
 
<1985年5月6日にアメリカ・カリフォルニア・ロサンゼルス・メロディーランド教会において、ビリー・ブリム女史によって日本人に出された預言>

大いなる光があの日本という国に臨みます。大いなる、大いなる、大いなる光です。聖書にこう書かれてある・・・
イエス様は朝の光のように、地に若草を芽生えさせる雨のように人に臨むと。(サムエル下23:4)イエス様の朝日の輝きはまず東洋にのぼり、その福音の光は西洋におよび、今また東に帰ってこようとしています。あなたの生まれたあの国に神が大きく働かれるのをあなたは見るでしょう。神の光をあの国に見ます。神の光がその民の上にあるのを見ます。

そうだとも!
あなたがたは光を見る。神の光がこの地球を行きめぐる。大いなる尊い光を見る。あなたがたはまだ、真に輝く光を見たことがなかった。人間の思いの垣根というかげりの一切ない真の光を。しかし今この時に、栄光から栄光へと増し加えられていく、力に溢れたその光が来るのを見る。あなたがたはさらに良く見えるようになる。このわたし、「有って有る者」とよばれるこのわたしこそが、あなたにとって光となる。その光をあなたがたは見るようになる。こうしてその福音の光、このみことばの光は、未だかつてそれを聞いたことのなかった人々の耳にとどまるようになる。それは超自然の大いなる光だ。このわたし自身なのだ。

わたしはあなたを暗きところから、あなたを取り囲む状態からあなたを引っぱりだす。もう答えがないとあなたは思った。見ないか、あなたの神という光に目を向けよ。このわたしがそれだ。この暗い時代に神の光は輝きわたる。あなたはその神の光(力)を与える器となる。しかしそのともし火は、わたしだけによってともされなければならない。この世によって曇ったり、汚れたりしてはならないのだ。わかるか。わたしの血によってきよめられた、純粋な混じりけのない器。盛んに燃え続ける灯火(あかり複数)。あなたがたが洪水なのだ!
 
「誇る者は主を誇れ!」(第2コリント10:17)と書かれてある通り、高ぶりの霊を動かしてはならない、全ての栄光をイエス様に帰さなくなった時点で、自分の力だと誇り、高ぶりの霊が動いているのだと語られました。神は明け渡した器だけがほしいのです。「自分は知者だから、知者に遣わされる、知者に福音していく」というのではなく、誰に対しても自分を明け渡して、イエス様ご自身をあらわし、語る器が求められているのだと語られました。そのためには、ちりのようにくずのようにされる訓練も通るでしょう。自分の肉のともし火が燃え続けている限り、神という光は見えないのです。
 
第2コリント10:12,15,17~18
わたしたちは、自己推薦をするような人々と自分を同列においたり比較したりはしない。彼らは仲間同志で互にはかり合ったり、互に比べ合ったりしているが、知恵のないしわざである。・・・わたしたちは限度をこえて、他人の働きを誇るようなことはしない。ただ、あなたがたの信仰が成長するにつれて、わたしたちの働きの範囲があなたがたの中でますます大きくなることを望んでいる。・・・誇る者は主を誇るべきである。自分で自分を推薦する人ではなく、主に推薦される人こそ、確かな人なのである。

わたしはあなたをわたしの心に引き寄せる。あなたの一部ではなく、すべてを明け渡すようにとあなたを召す。この灯火となるために、自分の全身全霊を捧げるようにと召す。完全にわが手によって治められるように。今、あなたの立っているこの場所で、それを本当に現実のものとしてあげよう。それによって光を輝かすための、わたしに従順に応じる、聖なる器。

ともし火となるために集められた一人一人がキリストの肢体であり、私たちはそんなキリストの肢体が集まった群れなのだと語られました。あとにも先にも、自分は自分。神に愛されたった一人の自分であり、神の御手によって治められていることを忘れずに、自信を持って輝け!と語られました。

わたしはあなたをふるう。わたしの力によって・・・あなたは生きのびる・・・この時代を。あなたは生きて死ぬことはない。・・・「なぜ!?」と叫ぶな。ただ聖別され、ひたむきに専念しなさい。あなたに、そしてあなたをとおして、わたしが輝けるようにしてほしい。明け渡せ!放せ!脱ぎ捨てよ!栄光に輝く花嫁にふさわしくないものは、すべて捨て去れ!
あなたにそれができるようにした、と言ったではないか。いっさいの重荷を捨てよと。わたしがしなさいと言うことはできるのだから・・・。捨てておきなさい、ふたたび拾い上げてはいけない。
(中略)

今もし幕を取り去りさえすれば、おおいなしに神の栄光を見る。神の教会が現れる。栄光と恵みにあふれ、はっきりとした力の現れに満ちた教会。天にあって、永遠に離れることなくわたしの前におらせるために計画した教会だ。だから定められた位置につくがよい。わたしはあなたがたに言う、(あなたがたは)争いも分裂もまったくない、栄光のための容れ物として用意されている。銀行には黄金が貯えられている。しかし、そんなものよりもはるかにはるかにまさる富・・・人間の金庫にはおさめきれない大いなる富をおさめる器・・・。この終りの時に、神の臨在・・・神の目的・・・神の言葉と力を注ぎ出す器たちよ。
 
アーメン。
 
さらに、メッセージに対してみことばによる裏付けも与えられました。
 
第2コリント10:3~6
わたしたちは、肉にあって歩いてはいるが、肉に従って戦っているのではない。わたしたちの戦いの武器は、肉のものではなく、神のためには要塞をも破壊するほどの力あるものである。わたしたちはさまざまな議論を破り、神の知恵に逆らって立てられたあらゆる障害物を打ちこわし、すべての思いをとりこにしてキリストに服従させ、そして、あなたがたが完全に服従した時、すべて不従順な者を処罰しようと、用意しているのである。
 
第1コリント1:17~31
いったい、キリストがわたしをつかわされたのは、バプテスマを授けるためではなく、福音を宣べ伝えるためであり、しかも知恵の言葉を用いずに宣べ伝えるためであった。それは、キリストの十字架が無力なものになってしまわないためなのである。
十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である。すなわち、聖書に、
「わたしは知者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしいものにする」
と書いてある。知者はどこにいるか。学者はどこにいるか。この世の論者はどこにいるか。神はこの世の知恵を、愚かにされたではないか。この世は、自分の知恵によって神を認めるに至らなかった。それは、神の知恵にかなっている。そこで神は、宣教の愚かさによって、信じる者を救うこととされたのである。ユダヤ人はしるしを請い、ギリシヤ人は知恵を求める。しかしわたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝える。このキリストは、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものであるが、召された者自身にとっては、ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神の力、神の知恵たるキリストなのである。神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからである。
兄弟たちよ。あなたがたが召された時のことを考えてみるがよい。人間的には、知恵のある者が多くはなく、権力のある者も多くはなく、身分の高い者も多くはいない。それだのに神は、知者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選び、有力な者を無力な者にするために、この世で身分の低い者や軽んじられている者、すなわち、無きに等しい者を、あえて選ばれたのである。それは、どんな人間でも、神のみまえに誇ることがないためである。あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。それは、「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりである。
 
アーメン。
私たちは、国籍が天にある神の国の住人です。自分の知恵によって神を認めるに至らなかったグローバリストがつくる社会で奴隷になっていてはなりません。神に召された者として、何にも縛られない“自由”を勝ち取り、神の栄光を輝かし、神の言葉と力を注ぎ出す働きに益々用いられた事を感謝して祈ります!