今週のぶどうの木メッセージ

 
 

「齊藤諒の生きる力」本日発売!!
2017/9/1 ブログより

 
本日、「齊藤諒の生きる力 四肢麻痺と人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと」が、全国書店にて発売されます!!amazonでもお買い求めできます!
 


 
運命を変えて、天命を生きる!
16歳という若さで四肢麻痺となった著者が綴る、渾身のノンフィクション。
「死んだましだ!だからといって自分で死ぬこともできない・・・・・・この前まで、大好きな野球に明け暮れていた自分が、こんな身体になるなんて!」
絶望の淵から救ってくれた「聖書」の教え。
苦しみの中で希望を得た著者が今、この時代を生きる人たちにもっとも伝えたいことを書く。


著者の齊藤諒兄弟からです。

待ちに待っていたこの日がいよいよ来ました。

イエス様は僕にとって新たな一歩を与えてくれました。

マタイによる福音書5章14節~16節
あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

聖書は真っ暗だった僕の心に光を与えてくれました。

今度は僕が聖書の光を伝え広げていきます。

イエス様、文芸社の皆さん、ぶどうの木の神の家族たちに、感謝です。ありがとうございました。

これからも感謝し福音していきます。

全ての栄光をイエス様に帰して。

アーメン。


ぶどうの木10年目最後の日という素晴らしいタイミングで、イエス様はこの本を出版させて下さいました。
読者の皆さんに「生きる力」を与える一冊です!!
ぜひ、ご一読ください。

イザヤ12:3~6
あなたがたは喜びをもって、救の井戸から水をくむ。その日、あなたがたは言う、「主に感謝せよ。そのみ名を呼べ。そのみわざをもろもろの民の中につたえよ。そのみ名をあがむべきことを語りつげよ。主をほめうたえ。主はそのみわざを、みごとになし遂げられたから。これを全地に宣べ伝えよ。シオンに住む者よ、声をあげて、喜びうたえ。イスラエルの聖者はあなたがたのうちで大いなる者だから」。

アーメン!
 
 
 
 

語らなければ何も始まらない、妥協したら何も変わらない
2023/1/23ブログより

 
 
holygirlです。
 
コロナ禍の3年が過ぎましたが、“今だけ、金だけ、自分だけ”の事しか考えていない人たち、悪魔崇拝者たちが、生命を軽んじ、利益を得るためなら自分勝手に何でも行い、媒体を通じて人々を自分たちにとって都合が良いように洗脳してきたことが明らかになりました。
1月16日~20日に、スイスのダボスで世界経済フォーラムの第53回年次総会(ダボス会議)が開催されましたが、これはクラウス・シュワブ会長(スイスの経済学者、ビジネスマン、慈善活動家)と、ジョージ・ソロス氏(ユダヤ人の投資家、トレーダー)を中心に、選ばれし金持ち、権力者、マスコミなどが招待され、地球の行く末を決める会議と言われています。日本からは、竹中平蔵氏、小泉進次郎氏、河野太郎氏、NHK、テレビ東京、大手企業、大手マスコミの社長、副社長などが出席しました。世界経済フォーラムに呼ばれるのは、次期首相候補だとも言われています。私たちの国の首相は、私たちが選んでいない権力者たちに決められていることを知っていましたか?私たちの国の行く末は、スイスのダボスでごく一部の人たちに決められた通りになってきたのです。しかし、今回は例年よりも早い時期に開催されたことや、世界の首相の半分は欠席したこと(特にロシア側の国)、シュワブ会長は遅刻、ソロス氏は欠席、さらにビル・ゲイツ氏も欠席だったことから、闇側が力を失い敗北したのではと言われています。
世界経済フォーラムに集う人々はグローバリストであり、人類が一つになり、皆が平等に生きられる社会を目指していますが、実際は、世界人口の1%の権力者・金持ちの自分たちが、99%の人間を支配し、自分たちのもとに平等にすることを目指しています。私たちクリスチャンも、人類が一つになることを掲げていますが、私たちが言うのは、神のもとの平等です。神の御前では、権力者もなく金持ちもなく皆平等ですから、このような世界経済フォーラム(通称ダボス会議)で、一部の人間に地球のことや、私たちが住む世界のこと、国のことを決められる筋合いはないのです。
 
誰の指示で、こんな世の中になっているのか、なってしまったのか、世界ではそれに気づいた人々が声を上げています。ブラジルでは、不正選挙でボルソナーロ大統領が負けて共産主義の大統領が生まれ、トランプ氏が不正選挙で退任したアメリカ大統領選挙の時同様、敬虔なクリスチャンたちを中心に国民が立ち上がり抗議しています。コロナパンデミックの中、各国でマスクはいらない!ワクチンは危険!ワクチンパスポートを撤廃しろ!という声が勝ち、日本以外のほとんどの国は、コロナによる規制が撤廃されています。日本では、今春ようやくコロナが感染症2類相当から5類となり、屋内のマスクも必要なくなりますが、洗脳されている多くの日本人は、たとえそうなっても、怖いからマスクを外さない、周りの様子を見て外すかどうか決めると言っています。
もともと日本人は、道徳教育として、自分対「人」という横の関係、人に対してどうあるべきかという心(魂)の教育を受けてきました。そのため、自分の本当の気持ちを表現すること、正義をもって向き合うことよりも、コロナワクチン接種の中で、しきりに聞こえてきた「同調圧力」「思いやりワクチン」という言葉通り、人の目を気にして、周りの顔色を見て善悪を判断することが良いことであると勘違いしています。コロナ前のマスク着用とワクチン接種は、自分のため、自分がかからないためのものだったはずですが、コロナ禍では、いつの間にか“周りに移さないため”にすりかわっています。
ワクチン接種は5類になっても継続され、全額公費から自己負担になりますが、当面は、経過措置として公費負担を継続するそうです。お金を払ってでも打ちたい人はどうぞ!という状況になりますが、洗脳された日本人は、恐怖に負けてまだ時限爆弾(ワクチン)を身体に入れに行こうとするのか・・・世界の覚醒の動きに逆行することなく、日本国民も皆で声をあげ立ち上がらなければ、一部の人間の思いのままに物事が進行し、狂ってしまった世の中を変えることはできません。

そして、狂っているのは今のコロナ禍だけではありません。クリスチャンとして生きようとした時の、日本で受ける生きづらさについても語られ、変革しなければならないと語られました。
今週は2人の兄弟が、仕事という理由で集会を欠席しました。クリスチャンになり、まず与えられるハードルは日曜日を聖別することですが、肉に道徳教育がしみついていると、仕事が入ったらそちらを優先するのが社会人として当たり前、皆も働いているのに私だけ休みをもらうわけにはいかない、日曜日は他の人も休みたいだろうから、私だけ毎週休みをもらうのは申し訳ないという気持ちが勝ってしまいます。面接時に、「私はクリスチャンなので、日曜日の礼拝は休まず出席したいです」と申し出て採用されたとしても、この世の人は、礼拝参加がどれほどその人にとって大事なことか理解できません。キリスト教国では当たり前である日曜日の休日であっても、日本企業には、そのような習慣がないのです。
 
出エジプト20:8~11
安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。それで主は安息日を祝福して聖とされた。
 
アーメン。
そもそも、神が天地を創造された際に、6日働き、7日目は休まれた事から、私たちも週6日働き、日曜日は休息をとるように定められました。ですから、24時間営業のコンビニや、年中無休の店舗、“休日出勤”という名目での日曜日出勤は、本来の神の御心に反しています。昔はそんな店もなかったはずですが、便利さを追求した結果、食品と電気代を無駄にするような店舗が増え、そこで働く人々は日曜日だから、正月だからと言って休みではありません。主婦が、コンビニや、元旦から営業する大型スーパーで働いたら、その家庭はどうなるでしょう。クリスチャンになって聖書の学びをしたくても、日曜日は仕事だから・・・毎週日曜日に教会に行くのは無理・・・という考えが先立ってしまう日本の狂った社会システムは、クリスチャンの誕生と成長の妨げになっているのです。
 
そして、クリスチャン自身も、会社という組織の中に入ってしまうと、自分の仕事とお金を握るようになり、会社の指示に従うのが当たり前だと思い込んでいってしまいます。一度日曜日の出勤を受け入れてしまえば(サタンに門を開けば)、“この人はクリスチャンと言うが、頼めば日曜日も仕事に出れるのか”と思われ、その後も、安易に出勤を頼まれるようになってしまいます。
クリスチャンとして職場で神の栄光をあらわすことは何度も語られてきましたが、それと日曜日出勤をお願いされて働くことは別問題です。絶対に休めない仕事だからと言っても、その上におられるのはイエス様です。皆も働いているから・・・という理由で情に流されるのであれば、すでにサタンの支配下です。私たちはサタンが支配するこの世に属する人間ではなく、神の子として、安息日(休息と礼拝)を守る者ですから、クリスチャンであれば、皆が休めるように変革するのがその職場における務めであると語られました。
私たちは、神によって生かされており、仕事も神に命を与えられているからこそできることを忘れてはなりません。サタンの支配下に置かれ、霊の糧が断たれたら、私たちの霊は死に、それは肉体への攻撃から死にも繋がります。それほど日曜日の聖別、集会参加は命をかけて守るべき事なのです。
 
申命記5:15
あなたはかつてエジプトの地で奴隷であったが、あなたの神、主が強い手と、伸ばした腕とをもって、そこからあなたを導き出されたことを覚えなければならない。それゆえ、あなたの神、主は安息日を守ることを命じられるのである。
 
アーメン。
 
この自分にとっての重要事項をいかにして職場の上司、同僚に伝えるのか・・・職場だけではなく、日曜日に様々な用事を持ってくる家族や周りの人に対しても、しっかりと自分の信仰を説明しなければならないと語られました。誠心誠意伝えるのであれば、神の好意が働いて周りが理解を示し、「この人には日曜日に仕事は頼めないな・・・」「仏壇に手を合わせてと言えないな」と思われる存在にもなっていくのだと語られました。
忙しさにまかれると、霊の世界が見えなくなり、肉の発言しかできなくなり、最終的には神を信仰していることがばかばかしくなります。その時にはすでにサタンが自由に動いており、共に信仰している妻(夫)や、家族がいる場合、その人たちにも攻撃の矢が当たるようになります。一番大事な時に、足を引っ張る側に使われてしまう事のないように、日ごろの自身の行いは、礼拝、集会で受けたメッセージをあらわしているのか、一度立ち止まって、自分は肉の思いで動いているのか、霊の思いに従っているのか、吟味しなければならないと語られました。群れにおいても同じで、不従順、不信仰の羊がいると、そこからサタンが攻撃してくるため、監督者である牧師や働き人は、霊を試して祈り、日々門の入口に立って警戒しているのです。
 
へブル12:15~17
気をつけて、神の恵みからもれることがないように、また、苦い根がはえ出て、あなたがたを悩まし、それによって多くの人が汚されることのないようにしなさい。また、一杯の食のために長子の権利を売ったエサウのように、不品行な俗悪な者にならないようにしなさい。あなたがたの知っているように、彼はその後、祝福を受け継ごうと願ったけれども、捨てられてしまい、涙を流してそれを求めたが、悔改めの機会を得なかったのである。
 
アーメン。
 
ただし、安息日の聖別は、律法的に絶対に守らなければならないという事ではなく、いつも語られてきた通り、神は心を見ておられるのであり、自分の心がどこにあるかということが問題です。救われたばかりの頃は、安息日を聖別するために意志を向け続けることが訓練でもありますが、聖書には、【飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のため】(第1コリント10:31)、【「安息日は人のためにあるもので、人が安息日のためにあるのではない。それだから、人の子は、安息日もまた主なのである。」・・・「安息日に善を行うのと悪を行うのと、命を救うのと殺すのと、どちらがよいか」】(マルコ2:27~3:4)というみことばもあります。日曜日に仕事をすることによほど神の御計画があり、そこに福音を待っている人がいるのであれば、みことばをもってそちらに出かけることはあるでしょう。徹底的に霊を試して仕事に行くと決めたなら、そこには必ず良い実が伴い、万事が益となるでしょう。
 
話は少し変わりますが、先週証をしてくれたW姉妹は、東京研修に行く際に、会社からワクチン接種をするように言われました。接種者は、東京でのホテル滞在費が安くなるからです。少しでも安くするためのワクチン接種!?そんな事と引き換えに体にワクチン(毒)を入れて、一生障害を負うことになったら、会社は責任を取ってくれるのでしょうか。W姉妹が、会社側に「それは強制ですか?強制だったら、私はこの仕事を辞めます!」と宣言すると、会社側はすぐに、「Wさんは、接種しなくても大丈夫ですから研修に行ってください」と返事をしたのだそうです。W姉妹がきっぱり宣言したその潔さに対して、神の好意が働いたのだと語られました。そして、日曜日に絶対抜けてはならない研修会がありましたが、その日は3つの教会合同のクリスマス会であったため、W姉妹は参加したいとイエス様に求め、会社にも求めて門をたたきました。すると特別に休みを頂くことができたのです。神の御心にかなった祈りには、必ず聖霊様が働いてくださるのです。願い求めても与えられない、思い通りにいかないのであれば、自分を吟味。それがクリスチャンの歩きであると語られました。
 
第1ヨハネ5:14
わたしたちが神に対していだいている確信は、こうである。すなわち、わたしたちが何事でも神の御旨に従って願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さるということである。
 
アーメン。
 
クリスチャンには、神のみ旨に反している世の中の在り方に対して、おかしい!変えなければ!と思い立ち上がる強さが必要です!それがなければ、私たちの生活はこの先守られず、国はグローバリストによって支配され続け、いずれなくなってしまうでしょう。今週の集会では、自分の内にあるものを言葉にしなければ何も始まらない、相手に語らなければ何も変わらないのだと語られ、テモテへの第ニの手紙2章が牧師を通して与えられました。
 
第2テモテ2章
そこで、わたしの子よ。あなたはキリスト・イエスにある恵みによって、強くなりなさい。そして、あなたが多くの証人の前でわたしから聞いたことを、さらにほかの者たちにも教えることのできるような忠実な人々に、ゆだねなさい。キリスト・イエスの良い兵卒として、わたしと苦しみを共にしてほしい。兵役に服している者は、日常生活の事に煩わされてはいない。ただ、兵を募った司令官を喜ばせようと努める。また、競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ、栄冠は得られない。労苦をする農夫が、だれよりも先に、生産物の分配にあずかるべきである。わたしの言うことを、よく考えてみなさい。主は、それを十分に理解する力をあなたに賜わるであろう。
ダビデの子孫として生れ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。これがわたしの福音である。この福音のために、わたしは悪者のように苦しめられ、ついに鎖につながれるに至った。しかし、神の言はつながれてはいない。それだから、わたしは選ばれた人たちのために、いっさいのことを耐え忍ぶのである。それは、彼らもキリスト・イエスによる救を受け、また、それと共に永遠の栄光を受けるためである。次の言葉は確実である。「もしわたしたちが、彼と共に死んだなら、また彼と共に生きるであろう。もし耐え忍ぶなら、彼と共に支配者となるであろう。もし彼を否むなら、彼もわたしたちを否むであろう。たとい、わたしたちは不真実であっても、彼は常に真実である。彼は自分を偽ることが、できないのである」。
あなたは、これらのことを彼らに思い出させて、なんの益もなく、聞いている人々を破滅におとしいれるだけである言葉の争いをしないように、神のみまえでおごそかに命じなさい。あなたは真理の言葉を正しく教え、恥じるところのない錬達した働き人になって、神に自分をささげるように努めはげみなさい。俗悪なむだ話を避けなさい。それによって人々は、ますます不信心に落ちていき、彼らの言葉は、がんのように腐れひろがるであろう。その中にはヒメナオとピレトとがいる。彼らは真理からはずれ、復活はすでに済んでしまったと言い、そして、ある人々の信仰をくつがえしている。しかし、神のゆるがない土台はすえられていて、それに次の句が証印として、しるされている。「主は自分の者たちを知る」。また「主の名を呼ぶ者は、すべて不義から離れよ」。大きな家には、金や銀の器ばかりではなく、木や土の器もあり、そして、あるものは尊いことに用いられ、あるものは卑しいことに用いられる。もし人が卑しいものを取り去って自分をきよめるなら、彼は尊いきよめられた器となって、主人に役立つものとなり、すべての良いわざに間に合うようになる。
そこで、あなたは若い時の情欲を避けなさい。そして、きよい心をもって主を呼び求める人々と共に、義と信仰と愛と平和とを追い求めなさい。愚かで無知な論議をやめなさい。それは、あなたが知っているとおり、ただ争いに終るだけである。主の僕たる者は争ってはならない。だれに対しても親切であって、よく教え、よく忍び、反対する者を柔和な心で教え導くべきである。おそらく神は、彼らに悔改めの心を与えて、真理を知らせ、一度は悪魔に捕えられてその欲するままになっていても、目ざめて彼のわなからのがれさせて下さるであろう。
 
アーメン。
 
クリスチャンが、日常生活のことに煩わされ、福音を伝えること、愛にあって真理を語ること、忍耐してみことばの種をまき続けること、自分が聖霊によって見聞きして学んだ真実を伝えることをやめたら、誰も救われません。神の規定(みことば)に従わない突拍子もない発言、カルト的、独り善がりな発言は受け入れられません。聞いている人をつまずかせることになるでしょう。また、信仰をもつ仲間(家族)の信仰をくつがえすような真理からはずれた発言(イエス様・牧師のいないところでどんな会話をしているのか)や、俗悪なむだ話、破滅におとしいれるだけの言葉の争い(無条件のゆるしをもって語るのではなく、目には目を!をで、反発されたら裁いて言い返す)は、周りの人々をますます不信心に陥らせるだけであると語られました。
クリスチャンとして、みことばをそのまま伝えることもあるでしょうが、それ以上に、みことばを自分の中で成熟させて、表情、態度、言葉にしてあらわすことの方が力があります。先週私たちは、聖霊の導きで、ヤクザから牧師になった人たちの証を聞くことになりましたが、まさに彼らは悪魔に捕らえられてその欲するままに生きてきた闇の世界から、イエス様によって引っ張り出され、悔い改めて真理を知り、みことばによって自分自身の表情も態度も、語る言葉も変えられた人たちでした。イエス様は、自分の者たちを知り、彼らの人生を導いておられました。そして、彼らの背後には、韓国人妻の強い信仰と熱心な祈りがあり、反発反対する夫を柔和な心で教え導く姿勢がありました。そこにヤクザの夫の救いだけでなく、牧師にまで至らせる奇跡が起きたのです!この証を通しても、私たちは決してあきらめずに信仰を貫き、相手を見捨てることなく導き続けることが神の御心であり、そこに神の大きな愛の力が働くことを再確認しました。
【主の僕たる者は争ってはならない。だれに対しても親切であって、よく教え、よく忍び、反対する者を柔和な心で教え導くべきである。おそらく神は、彼らに悔改めの心を与えて、真理を知らせ、一度は悪魔に捕えられてその欲するままになっていても、目ざめて彼のわなからのがれさせて下さるであろう。】このみことばは、私たちが強く握りしめるべきもの、希望であり、神との契約です。
 
国際経済フォーラム(ダボス会議)に招かれることよりも、はるかにまさることは、神に選ばれ、神に知られ、クリスチャンとなって神のもとに地球を一つにするという任務を与えられているという事、それを遂行するだけの力を頂いているという事です!この世の神サタンに選ばれたところで、その行く末は、盗み、殺し、滅ぼされることしかありません。高ぶって自分が世界を動かす神のようになったつもりでいても、神がサタンにゆるして命を取るなら、そこまでです。コロナ禍で、「闇は光に勝たなかった!」とずっと言い続けてきて、ようやく見えるかたちで、デクラス(情報開示)が始まっています。悪しき者たちは、神の力、クリスチャンが神のみ旨を遂行するために与えられた力に対抗しても決して勝てません。だからこそ、私たちはサタンの支配下であるこの世にいても、神の言は鎖につながれてはいない事を覚え、屈してはならないのです。どこに遣わされても、真理の言葉を正しく教え、恥じることのない練達した働き人になって、神に自分をささげるように努め励まなければならないと語られました。そのためには当然訓練が伴います。神の子とされたからこそ受ける訓練を喜び、感謝して、自分をきよめ、平安な義の実を結んでいかなければなりません。そのような私たちが、主を呼び求める人々と共にこの時代を生き抜き、義と信仰と愛と平和とを追い求めることこそが、真のグローバル化・神が求める「一つになること」なのだと語られました。
 
へブル12:1~14
こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。あなたがたは、弱り果てて意気そそうしないために、罪人らのこのような反抗を耐え忍んだかたのことを、思いみるべきである。あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。また子たちに対するように、あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、
「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。主に責められるとき、弱り果ててはならない。主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。
あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子であって、ほんとうの子ではない。その上、肉親の父はわたしたちを訓練するのに、なお彼をうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいの父に服従して、真に生きるべきではないか。肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。
それだから、あなたがたのなえた手と、弱くなっているひざとを、まっすぐにしなさい。また、足のなえている者が踏みはずすことなく、むしろいやされるように、あなたがたの足のために、まっすぐな道をつくりなさい。すべての人と相和し、また、自らきよくなるように努めなさい。きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。
 
アーメン。
 
明日、韓国の兄弟姉妹たちが3年ぶりに来日します。前回来たときは、ちょうどプリンセス号からコロナ感染者が出た時でした。まさかそこから3年も会えない事態になるとは思ってもいませんでしたが、この3年間ワクチン接種することなく、互いに聖霊の声を聞き、励まし合って生き抜いてくることができました。久しぶりの再会、交わりを通して、イエス様がどんな事を語って下さるのか楽しみです。最強寒波が来ると脅されていますが、滞在期間中、神のみ旨だけが堅く立ったことを感謝して祈ります。